たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・

不眠症に打ち勝つ方法あれこれ

健康・美容

不眠症に打ち勝つ方法あれこれ

平成19年の厚生労働省の調査によれば
成人の21.4%(およそ5人に1人)が不眠の症状を訴え
治療の必要があると診断されています

眠れない日が数週間、数ヶ月間に及ぶと
日中の眠気や倦怠感だけではなく
集中力の低下、意欲低下、食欲低下などの症状が出てきます

すると、うつ病や自律神経失調症などの精神疾患を引き起こすこともあります
慢性疲労が抜けなくなり、体調不良から様々な疾患を招くことも
そして更に眠れなくなるという悪循環に陥ります
先ずは自分がどんなタイプの不眠症なのかをチェックしましょう

リンパマッサージで不眠症を自分で解消する

自分は4つの不眠症タイプのどれなのか
チェックをしてみましょう
タイプによって対策が違ってきます

入眠困難タイプ
眠ろうとしているのに寝つけない、眠りに落ちるまでに
1時間から30分から以上かかるタイプ
性別の差や年齢の差はあまりなく
不眠で悩む人のほとんどの人が当てはまります

中途覚醒タイプ
日本人、高齢者にも多いようです
入眠してから何度も目が覚める
目が覚めると再び眠りにつくまでに時間がかかるタイプ
熟睡感覚が薄いために翌朝に疲労感が残る
倦怠感が取れない慢性疲労につながります

早朝覚醒タイプ
目覚ましが鳴る予定時刻の2時間以上前に目が覚めてしまう
その後再び眠りにつくことが出来ないタイプ
高齢者に多くみられる
年をとると体内時計のリズムが前にずれやすく
また若い人に比べて夜は早い時間に就寝するので
早朝に目覚めてしまう
また、うつ病にもよくみられる症状

熟眠障害タイプ
寝ている時間は長いのに
寝た気がせずに全く疲れが取れないタイプ
7時間以上眠っているにも関わらず
睡眠の「質」が悪く熟睡することが出来ずに
一晩のうちに何度も何度も夢を見たり
小さな物音でうっすらと目が覚めてしまう人は
脳が疲労感を残している状態になります

また睡眠時無呼吸症候群や
寝ている間に足がぴくんぴくんと動く周期性四肢運動障害など
睡眠中に症状の現れる病気が関係していることもあります
これらの睡眠障害は、本人は気がつきにくいので注意が必要です

不眠症をストレッチ体操で改善する

不眠症の原因

心理的ストレス

仕事、人間関係、恋愛、受験などのプレッシャーで
脳の神経回路が常に緊張状態に陥り
体が休みたいと思っているのに脳が休ませてくれない
自律神経が乱れいつまでも興奮状態が続くと
眠れない症状が起きてきます
そして
心理的なストレスが取り除かれたあとも
眠れない日が続くと
「また眠れないのではないか」という心配が
新たなストレスとなり
悪循環を生みだし慢性的不眠症になってしまいます


体と心の病気と関連した不眠

さまざまな身体の病気や症状に伴って起こる不眠
痛み、かゆみ、咳、頻尿、悪心、下痢、発熱、頭痛など

うつ病・不安障害・統合失調症などの精神疾患
アルツハイマー型認知症や脳血管障害
脳腫瘍などの脳の障害による不眠

早朝覚醒タイプの人や、朝はだるさや倦怠感で元気がなく
夜にかけて気力が出てくる「日内変動」と言われる状態が
両方見られる方に注意が必要と言われています
眠ろうとしているのに頭痛やイライラ、悲壮感や焦燥感が出てくる場合などは
専門医の受診も必要かもしれません

何処でいつでも簡単に出来るツボマッサージで緊張をほぐす

毎晩の辛い不眠を解消して元気な朝を迎えましょう
女性の一生はホルモンに左右されていて
閉経前の10年前後は更年期とよばれ、さまざまな症状や体の変化が現れはじめます
女性ホルモンは睡眠の抑制と促進などの睡眠中枢にも大きな影響を及ぼしており
睡眠に関する症状も更年期障害のひとつ

更年期には自律神経のバランスも乱れるため
のぼせや寝汗によって夜中に目が覚めたり
トイレが近くなったことで目が覚めてしまう
イライラやストレスが重って眠れない不眠症になることも
逆に睡眠障害が改善されて
更年期症状が和らいでくることもあります

出典 http://fanblogs.jp

更年期不眠解消のツボは足の裏

不眠の原因は他にもいろいろありますが
現代人に共通しているのは
スマホかもしれません

寝るための環境要因の1つは光
人間は光を感じると覚醒反応を起こします
太陽光やブルーライトなどの無色透明(青)の光は
交感神経を活性化させるため
眠りにつく準備をする副交感神経の活動の妨げになります

反対に、オレンジなどの暖色系の光は
副交感神経に働きかけ
交感神経の興奮を鎮める作用があります

スマホのブルーライトは睡眠ホルモンのメラトニン分泌を抑制し
交感神経が活性化させます
ですからベッドでスマホを使うと
脳を覚醒させて眠れなくなってしまうのです

寝たい時間の2〜3時間前には
光の調節を行い
オレンジなど暖色系の光を使うとよいでしょう
そして出来る限りテレビやパソコン
スマートフォンは見つめないようにして
リラックスできる環境を整えると
自然な眠りにつきやすくなるでしょう

1

関連記事

ピックアップ!

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ