キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

骨粗しょう症の発症と予防

健康・美容

骨粗しょう症の発症と予防


骨粗しょう症のセルフチェック
最近背が縮んだ
些細なことで骨折した
運動しない
閉経した
1日、日本酒で3合、ビールは中瓶3本以上飲む
やせ形である
タバコを吸う
多い人ほど危険度が高いです

骨粗しょう症で怖いのは
ロコモティブシンドローム
これは骨や関節などの運動器の衰えが原因で
歩行や立ち座りなどの日常生活に障害をきたしていること
進行すると
要介護や寝たきりになってしまいます
原因として
骨粗しょう症
変形性膝関節症
脊柱管狭窄症があります

50歳以上の女性は骨粗しょう症の検査をうけよう

女性の病気と言っても過言ではない骨粗しょう症
女性は閉経を迎えると骨をつくる働きを高める女性ホルモンの分泌が低下します
骨をつくるよりも骨を壊す働きが優勢になり
骨が壊されるばかりで骨密度が低下し
骨粗しょう症となって骨がもろく折れやすい状態になっていまう

予防するためには
カルシウムを取る
それは知れ渡っていますが
カルシウムは身体に吸収されにくいのです
そこで身体に吸収されやすくサポートするのが
ビタミンD
その両方が入っています

私が医療機関に勤務していた時
骨粗しょう症の薬を飲んでいる患者様の
ビスフォスフォネート製剤(BP剤)による顎骨壊死
が問題になりました
薬には必ず副作用があります
ですから病気にならないように
予防が大切になってきます
骨粗しょう症になる前に骨の健康に気を配る
骨粗しょう症になっても骨を丈夫にする食品を摂取することが大切
それには普段から積極的にカルシウム摂取
セノビックはこれに適した飲み物と言えるでしょう

出典 http://fanblogs.jp

骨粗しょう症の発症しやすい3つの部位は

女性の病気とも言える骨粗しょう症
60歳では2人に1人
70歳以上になると10人に7人と言われています
なぜそんなに女性に多いのでしょうか?

それは女性ホルモン(エストロゲン)が
骨の新陳代謝と関係しているから
エストロゲンは骨吸収をゆるやかにして
骨からカルシウムが溶け出すのを抑制する働きがあります
閉経を迎える50歳前後から
ホルモン量が急激に減ると
骨の吸収スピードの抑制が効かなくなり
骨形成が追いつけなくなって
骨密度が低下してしまい骨粗しょう症になるのです

しかし最近若い女性にも骨粗しょう症が増えています
原因になっているのは
極端なダイエット
体内カルシウムの99%は骨の中にあります
血液中のカルシウムが不足すると
心臓の働きが悪くなり
脳の働きにも支障がでて
生命の危険がありますので
不足すると骨を溶かして補います
また骨を作っているのは
カルシウムだけではありません
コラーゲンが骨を支える仕組みを作っています
ですからバランスのとれた食事で
若いころに体を作っておきましょう
後になって付けが回ってきてからでは遅いのです

骨粗しょう症の発症と予防法

メディクラゲニステインは 大豆由来のイソフラボンの1種ゲニステインと亜鉛の特許成分を配合 ゲニステインは植物性エストロゲンと言われてます エストロゲンの役割は説明しましたので大丈夫ですね 亜鉛は抗酸化作用がある酵素と結びつくことでアンチエイジングが期待されています また新陳代謝、免疫力アップ、疲労回復効果もあり デトックスをする臓器、肝臓の機能向上を期待したサプリも多く発売されています 脱毛防止にも一役買っています 不足するとこれらの機能低下だけでなく 味覚障害を起こします 味覚障害は1度なってしまうと元に戻りません メナキノンー7はビタミンK2の一種 納豆中に高含有されています カルシウムは食品からの吸収率が悪く、食品に差があります 牛乳や納豆からの摂取が効果的です カルシウムは骨だけでなく 高血圧、動脈硬化、糖尿病、アルツハイマー病にも関わっています 骨粗しょう症対策だけでなく日常的に摂取したいミネラルです

簡単に自宅で出来る 2つの骨粗しょう症予防エクササイズ

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ