誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

諦めないで敏感肌・使える化粧品とお手入れ法

健康・美容

諦めないで敏感肌・使える化粧品とお手入れ法

世界トップ3のポーラ研究所
スキンケアの土台となる敏感肌そのものの基礎研究を行い
世界最高権威の化粧品に関する学会で7度の栄冠に輝き
エイジングケア部門でも3度のアワードを受賞しています


ポーラ・オルビスグループの敏感肌&乾燥肌専門ブランド
【decencia(ディセンシア)】

ディセンシアは2007年に敏感肌を救う特許技術から生まれました
敏感肌を美しく導くのは
角層が荒れ外部刺激から肌を守る機能が弱い敏感肌
それゆえ様々な敏感症状が起こります
従来敏感肌用スキンケアと言えば
刺激を刺激をなくして保湿することが常識
しかし2006年、敏感肌美容の妨げとなる原因に革新的な技術が発明されました
それがPOLA研究所と大手製薬会社との共同研究によって生まれた
特許取得の特別なバリア膜
ヴァイタサイクルヴェール(R)
肌に特殊なバリア膜を張り外部刺激を完全ブロック
通常セラミドより浸透力の高いヒト型ナノセラミドで角層を隅々まで潤し
敏感肌に正常なターンオーバーをもたらします

ポーラは
敏感肌・乾燥肌を守るディセンシアの集大成
スキンケアライン「アヤナス」を産みだしました

出典 http://fanblogs.jp

敏感肌のお手入れ法を専門医に習う

子どもの頃からアトピー性皮膚炎に悩んでいた
創業者の恒吉明美は
肌質改善のため皮膚科に勤務しました
そして患者様の肌に共通点を見つけたのです

それは「肌が硬い」こと
その原因は
お手入れのし過ぎ
かきむしり
肌ストレスなど

肌の硬さは
ターンオーバーの乱れ
早すぎても遅すぎても
肌の表面がガサガサ、ゴワゴワになってしまうのです
表面が乾いて硬くなった肌は老けて見える上
成分の浸透も妨げます

お肌へ触れる回数は最小限に
うるおいは最大限にを合言葉に
オールインワンゲルの開発がスタート

肌にいいものを考えたときに浮かんだのは
エコー用ジェル(ゲル)
これは水分をポリマーで固めただけ
界面活性剤や保存料がほとんど入っていません

そこでベースにジェル(ゲル)を使い、そこに入れる成分を決めます
使える成分は恒吉がアレルギー反応を起こさないもの
自分の身体全体を使いパッチテストを行い
使える成分を絞り込みました

パッチテストで分かったのは
セラミドの原液が最も肌荒れを改善してくれること
セラミドは肌の主成分にあたり約半分の50%を占めていて
肌のうるおいに欠かせない存在
メディプラスゲルには3種の高濃度セラミドを配合し
うるおいを万全にサポートします

その他3種類のヒアルロン酸
2種類のコラーゲン
55種類の美容成分などを加えました

高分子ゲルは
長時間の保湿には特化していますが
その分子の大きさゆえ浸透しにくいことが弱点
そこで浸透力と持続力を高めるため
低分子にし
さらに浸透を促すミネラル(ナトリウム、カリウム)たっぷりの温泉水をベースにくわえ
水分・美容成分の浸透を促すことにしました

出典 http://fanblogs.jp

敏感肌のお化粧は難しいと悩んでいる人必見

敏感肌には美白が効きにくい悩みを一気に解決!

敏感肌は角層がめくれ肌バリヤーに隙間が出来ている状態
保湿機能が弱り肌乾燥がすすみます
特に夏のエアコン
健康な肌でさえ乾燥するのに
敏感肌の人はカサカサ、バリバリになってしまいます
すかすかの肌バリヤーの隙間から
埃や大気汚染物質などの外部刺激が直接攻撃
紫外線が差し込み
肌にダメージを強く与え
炎症が酷くなり
過剰なメラニンが生成され
シミを作る負のサイクルが出来上がります
つまり敏感肌の人はシミが出来やすいのです

従来の美白用化粧品は
効果を求めるために刺激の強い成分が使われています
しかし敏感肌の人には刺激が強すぎるため
肌にヒリヒリしみる
炎症を起こす
肌荒れがひどくなり肌状態を悪化させる商品でした

またハイドロキノンが気になる
これまで日本でのハイドロキノンは医師の管理下でのみ使用が許されており
化粧品にハイドロキノンを使用することは長年禁止されていました
2001年の薬事法の規制緩和により
化粧品にハイドロキノンの使用が許されるようになりました
ハイドロキノンは美白効果は高いですが非常に強い成分
人によっては肌に合わず、炎症や赤みを起こす場合があります

出典 http://fanblogs.jp

ファンデーションって難しい

BBクリームはデリケートな肌に使えます

韓国コスメのイメージが強いBBクリームですが
実はドイツ生まれなんです
BBクリームのBBって一体、何の略? 
Blemish Balm(ブレミッシュ バルム=傷を修復する軟膏) という意味
ドイツはピーリングの発祥地
余分な角質を取り除いたピーリング後の肌は
真皮がむき出しの状態
そこに直接紫外線を浴びたりすると、肌にダメージを与えてしまいます
そこで術後のデリケートな皮膚を保護して
肌を再生を促す機能を追加した
ファンデーションとして開発されたのがBBクリーム

美容整形大国の韓国
庶民の間にも美容整形やさまざまなレーザー治療が浸透しています
しかし、その直後の肌の赤味や腫れは隠したい
いかにも施術を受けましたとわかってしまうのは避けたいという
女心を鷲づかみにしたのが
保湿しながら肌の修復をサポートし
美容液成分、UVケア成分などを強化した
カバー力のあるファンデーション
それがコスメBBクリームとして発売されたのです

BBクリームとCCクリームってどう違うの?
BBクリームはダメージを受けた肌をきれいに見せるカバー力と保護する機能が持ち味
美容液、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションの機能などがあります
CCクリームはBBクリームを進化させたもので
化粧品会社が開発
はじめからメークすることを前提に作られており
肌のカバーを目的としたBBクリームより
肌色をコントロールしやすく
ベタ塗り感を抑えて
自然な仕上がりになります

出典 http://fanblogs.jp

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ