次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

しっかり保湿しているつもりでもインナードライ

健康・美容

しっかり保湿しているつもりでもインナードライ

佐伯チズ式スキンケアの基本は、手のひらと指を使って行うことです。佐伯チズ式スキンケアでは、スキンケア商品を、まず、手のひらにのせます。そして、指でスキンケア商品を軽く暖めてから使用すると、肌へ浸透力が高まり、効果が倍増するそうです。また、佐伯チズ式スキンケアでは、手のひら全体を使い、顔を包み込むようにケアをします。そうすることで、化粧品と体温が、スチームアイロンのような役割を果たし、肌をキメ細やかに整えてくれるそうです。
佐伯チズ式スキンケアには、お金をかける必要がありません。高価な化粧品を使用していても、毎日のお手入れが雑なら意味がありません。お手入れ次第では、安い化粧品でも、とても綺麗になれるのです。つまり、佐伯チズが考案するのは「お金をかけずに綺麗になる」ということです。「何を使用することで綺麗になるか」ではなく、「どうやって使用することによって綺麗になるか」を重要視しているのです。佐伯チズ式スキンケアでは、高価な化粧品を使用する必要はないのです。
佐伯チズ式スキンケアでは、メイクをクレンジングで落とした後、化粧水→美容液→乳液またはクリームの順にお手入れします。化粧水をつけた後、すぐに美容液、そしてまたすぐにクリームと、次から次に化粧品を使用し、化粧品がお肌にしっかり浸透する前に、次々に顔に塗ってしまってはいませんか。
佐伯チズ式スキンケアで重要なのは、化粧品を1つつけたら、3分はおくことです。そうすることで、肌になじみやすくなり、化粧品が浸透しやすくなります。佐伯チズ式スキンケアでは、化粧水をつけてから3分おき、そして次の美容液をつけて、また3分おき、それから乳液またはクリームをつけることが推奨されています。仕上げにつける乳液またはクリームは、最初につけた化粧水や美容液に「フタ」をする役割を果たしています。特に乾燥肌の方は、空気が乾燥する秋冬には、こってりとしたクリームで、しっかりフタをすることをおすすめしています。

出典 http://www.hoshi-mizuki.com

洗顔とインナードライの関係

肌のバリア機能、ラメラ構造に
特化した商品は初めてではないかと思います
ファーストムーブのラメラ酵素美容液は
人工的にラメラ構造形成をして安定化させることに成功
美容液成分を浸透させ、ラップのようにふたをして肌バリアを強化
セラミドから水分が蒸発するのを防ぎ
潤いを保ちます
アンチエイジングや
肌機能回復のポイントがそこにあります

肌バリアというのは
2つに別れていて
1次バリアの皮脂膜
皮脂膜は皮膚の表面をラップみたいに覆って、水分が蒸発しないように保護
2次バリアの角層
角質細胞の隙間を細胞間脂質が埋めて、スクラムを組んで守って
異物が入ってきたり、水分が逃げたりしないようにしています
このスクラムのことをラメラ構造と言います
ラメラ構造のバリアを構成している細胞間脂質のうち40%はセラミド
美肌の条件の一つは、角質層の水分量といわれ
正常な状態でおよそ30%水分を保持しています
この水分保持を担うものの一つが天然保湿因子(NMF)
その主成分はアミノ酸です

ファーストムーブのラメラ酵素美容液は
脆くなったラメラ構造、隙間の出来たバリケードを回復させるために
ヒト型セラミド(セラミド2)とレシチンで
角質層のラメラ構造と同じ構造のものを作り出し
美容液にしてしまおうという発想から開発されました
生産ロットごとにラメラ構造の安定を偏光顕微鏡で確認し
商品に誇りと責任、自信を持ってお届けします

出典 http://fanblogs.jp

愛用者の肌水分量は

インナードライ肌とは
肌表面はしっとりとしているのに実際には水分が不足している内部が乾燥肌状態
ターンオーバーが正常に行われず
シワ、ハリ不足、シミ、くすみなど様々な肌トラブルを引き起こしてしまうのです
キメが荒く毛穴が目立つ
かさつきを感じる
皮脂がでているのに肌がつっぱる、肌がゴワついている
化粧のりが悪い、スキンケアをしているのに乾燥する
肌の状態が安定しないなどの症状がある場合
インナードライ肌である可能性が高いと考えられます

化粧水でたっぷりのうるおいをあたえますが
肌の外側から化粧水などで水分のみを補給しても
角質層深部に入り込むことはなく
そのままにしておくと蒸発してしまいます
角質層に含まれる水分を奪って過乾燥となってしまうこともあります
化粧水だけでは保湿が十分であると言えません
化粧水自体には保湿成分が含まれていますが
ほとんどが水分のため保湿するには十分ではありません
もうひとつの工程が必要になります
それは水分を維持するためにカバー(ふた)をすること
これにより水分の蒸発を防ぐことができる保湿ができます

出典 http://fanblogs.jp

佐伯チズさんが勧めている、いくつかの美肌方法の中でも、最も有名で、最も効果があるとされているのが、ローションパックです。佐伯チズさんは、かつて最愛の夫が亡くなった直後に、家に何ヶ月も閉じこもり、泣き続けていたそうです。そうしているうちに、肌も顔もボロボロになってしまい、鏡で自分の顔を見たとき、とても驚いてしまったそうです。
そんなボロボロになった肌を、驚異的な力で回復させてくれたのが、ローションパックだったのです。シミ、シワ、くすみ等、お肌の悩みには、あきらめずに、根気よく対処する必要があります。ていねいにお手入れし続ければ、肌もあなたの期待に答えてくれます。
さて、前置きを長々と書き綴りましたが、実際にローションパックはどのように行なうのか、その方法をご紹介します。まず最初に、水でコットンを濡らし、軽く水気を絞ります。そのコットンの上に、化粧水をたっぷりと垂らします。そして、そのコットンを、顔全体に3分間のせます。コットンを使用するのは、薬局で売られている「カット綿」を佐伯チズさんは推奨しています。大きさが約14cm×7cm脱脂綿で、二つに切って使用します。大きめのコットンを使用しても何の問題もありません。
コットンに化粧水を馴染ませたら、縦に薄く裂き、顔全体をコットンで覆うように、のせていきます。佐伯チズさんの教えの基本では、額、鼻、両頬、顎の計5ヶ所にコットンをのせていきますが、顔全体を覆うことができれば、自己流の覆い方でも、全く問題ありません。呼吸をするために、鼻と口には空気穴を作っておきます。コットンを横に引っ張ることで、コットンが伸びて、顔全体を覆えるようになります。自分でも工夫してみましょう。
特に、年齢の出やすい、目元や鼻の脇等は、しっかりとコットンで覆うようにして、パッティングをしてください。3分間のローションパックをすることにより、肌が水分を十分に含み、ハリのあるお肌に変わります。さらに、水分をたっぷりと吸収した肌には、美白効果もあり、肌が一段明るくなります。この原理を例えるなら、プールなど水にしばらく浸かることによって、指先がふやけて白くなったり、お米を水に浸すことによって白くなるのと同様のことであるといえます。

出典 http://www.hoshi-mizuki.com

新スィンクサラエッセンスローションを使ってみた

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ